スポンサーリンク

2017年7月13日木曜日

【2017】トヨタ新型カムリ 試乗インプレッションまとめ【感想評価】

トヨタ新型カムリがつい先日2017年7月10日にフルモデルチェンジを果たしました。

カムリと言えばアメリカ(北米)でトップクラスの販売台数を誇る人気セダン車。日本国内だとカムリの位置付けはプレミアムセダン車だと思いますが、それでもアメリカではわずか15年でカムリは1800万台を売り上げているそう。確か任天堂のWii Uの累計販売個数が全世界で1400万台前後だったので、ちょっとしたゲーム機本体より売れてる。

トヨタ新型カムリ 試乗インプレッションまとめ
そこで今回はトヨタ新型カムリの試乗インプレッションをまとめてみました。既に自動車雑誌さんでは先月から北米で新型カムリを試乗されていたらしく、そのレビューを参考にしたいと思います。

先代カムリは日本だと月販1000台もありませんでしたが、果たして新型カムリは売れるんでしょうか?高級セダン車の復権はあるのか?

2017年7月12日水曜日

【トヨタ】新型ハリアーターボ 試乗インプレッションまとめ【感想評価レビュー】

最近はSUVが人気。前に国産SUVおすすめランキングも作りましたが、トヨタ・C-HRなどを筆頭に新型SUVの相次ぐ投入したおかげで、何とか2017年度の新車販売は500万台を維持できるぐらいSUVは絶好調。

新型ハリアーターボ 試乗インプレッションまとめ
つい先日もトヨタ・ハリアーがビッグマイナーチェンジ。そしてレクサスNXに搭載されてる2.0Lターボエンジンが新型ハリアーにも投入されました。

このビッグマイチェンに伴って内外装が一新されてることもあって、今回は改めて新型ハリアーターボの試乗インプレッションをまとめてみました。既にハリアーと価格帯が似てるC-HRやCX-5と比較してますが、いずれハリアーもいろいろ比較したいと思います。是非購入の参考に使ってください。

2017年7月11日火曜日

【撤退】東京モーターショーが縮小・衰退する理由

今年2017年秋に東京モーターショー(TMS)が開催されます。東京モーターショーは2年に一度開催されている世界的にも割りと有名な国際モーターショー。既に出展社リストは公開されているそうですが、今回の2017年の東京モーターショーではついにイギリス車が全て撤退したらしい。

既にジープといったアメリカ車、フェラーリやフィアットといったイタリア車も撤退。そもそもフォードやクライスラーは日本市場そのものから撤退済み。そこで今回の東京モーターショーでは更にMINIも出展を取り止めたとのこと。

こういったモーターショーは「華やかさ」が大事。だからコンパニオンさんといった女性も数多く登場して華を添えてる。特に国産車よりも輸入車の方が見た目やブランド的にも華があるわけですが、そういった外車が次々と撤退してる現実は「東京モーターショーの凋落」を印象付けます。

もちろん輸入車の販売台数は知れてるものの、一応新車販売全体のシェアで見ると徐々に増加傾向にある。じゃあ何故東京モーターショーから次々とMINIのような主だった輸入車が撤退するのか?個人的に考察してみました。